マルスイのCSR
MSC(CoC)認証の取得


平成20年7月4日、丸水札幌中央水産株式会社は、海洋環境の保全と天然水産資源の持続的な利用促進に取り組む国際機関『MSC(Marine Stewardship Council : 海洋管理協議会)』の流通加工管理認証である『CoC(Chain of Custody : 「管理の連鎖」を意味する)認証』を取得しました。 これは、「海の環境を保全しながら、天然海産物の持続的な利用を実現する資源・環境配慮型漁業で漁獲された水産物」が加工・流通など全ての過程において適切に管理されていることを認証するものです。 MSCは、国際的な第三者機関として高い評価を受けており、『CoC認証』を受けた企業は、「MSC認証漁業」によって生産された水産物の取り扱いはもちろん、『MSC(CoC)』のロゴマークを使用することができ、これによって消費者は店頭で、環境に配慮した製品であることがわかる仕組みになっています。 今回取得した内容は、「アラスカ産サケ、スケソウダラ」と「米国太平洋産ギンダラ、オヒョウ」の購入および販売となっています。これらの水産物は、「環境にやさしい」のはもちろん、魚介類の生態系を尊重した漁法によって水揚げされるため、味や品質、安全性にも定評があります。 当社は、今後も札幌市中央卸売市場の卸売業者として、さまざまな水産物について『CoC認証』の取得を図り、水産資源の有効活用と安全・安心な水産物の供給に努めていきます。