流通ネットワーク
流通ネットワーク
事業理念
私たち丸水札幌中央水産株式会社は、毎日の健やかな暮らしに欠かせない多種多様な水産物を食卓にお届けする「総合商社」のような存在です。
全道・全国で水揚げされる魚介類や、世界中から輸入される冷凍品・加工品などの「集荷機能」を持ち、札幌市中央卸売市場において、セリなどを通じた公正で迅速な「価格形成機能」を発揮しながら、小売に至る流通システムの出発点として「卸売機能」を実践し、受け渡しから代金決済、そして円滑な流通を推進しています。
一般的に良く知られるのは、札幌市中央卸売市場で行われる「セリ」を受け持つ会社であることでしょう。さまざまなルートを通じて集荷された商品を受け取り、前日から「卸売場」に並べた後、早朝5時頃から威勢の良いかけ声と共に、ずらりと並んだ魚介類を次々とセリにかけていきます。
委託・買付
→
卸売
→
販売(小売)

委託・買付
卸売チャート
その流通ネットワークは、「出荷者」からの「委託・買付」に始まります。水産物の流通に関わる主な「出荷者」は、以下の通りです。

生産者
漁家・漁業会社・食品加工業者など、自ら商品を生産する人々です。水産物では、近海鮮魚類・冷凍魚・塩干加工品・貝類などがあります。

集荷業者(産地仲買人)
「産地仲買人」とも呼ばれ、生産者や出荷団体から生産物を買い取り、中央卸売市場に出荷する業者のことです。水産物では「産地市場」の形成が進んだため、鮮魚の約3分の2が、集荷業者の取扱いとなっています。

出荷団体
漁業協同組合など、生産者が共同で出荷する組織です。水産物では、[3]の集荷業者の果たす役割が大きくなり、出荷団体単独での取扱いは一部にとどまっています。

輸入業者・商社
国内の需要を満たすため、海外から水産物を輸入し、市場に出荷する業者です。

卸売
卸売チャート
以上の出荷者から発送された商品は、セリ(卸売)の前日から、早朝にかけて札幌市中央卸売市場に搬入され、丸水札幌中央水産の担当者が荷受けした後、「卸売場」に並べられます。
「卸売」は、早朝のセリを中心に行われますが、最近では「相対売」や「入札売」も増えています。卸売業者が行う売買取引に参加できるのは、以下の人々です。
仲卸業者
市場開設者(札幌市)の許可を得て「卸売」に参加し、市場内の自店舗で買い受けた水産物を仕分け・調整した後、「買出人(小売商・飲食業者など)」に販売する業者です。卸売業者と共に市場の中心をなす存在であり、以下の役割を果たしています。
●評価機能
生産や消費の動向を把握した上で、商品の品質や鮮度を的確に見定め、それらを総合的に判断しながら適切な価格を決定します。卸売業者が確かな品質の水産物を取扱い、仲卸業者がそれを適正に評価するという関係を通じて、公正な「価格形成」が実現します。つまり、生産者も消費者も納得する「モノに見合った値段」がつくのです。
●分荷機能
「買出人」のニーズに応えるため、仕分け・調整などを通じ、比較的少量で多様な品揃えに努めます。

売買参加者
小売商(量販店含む)・加工業者・地方卸売市場業者・大口消費者(病院・学校・職場の給食業者等)などで、市場開設者の承認を受け、仲卸業者と同じ立場で「卸売」に参加できる業者です。水産物では、その大半が大口需要者となっています。

販売(小売)
販売(小売)チャート
こうした流通ネットワークを通じて、仲卸業者は「買出人」へ販売し、そこから消費者のもとへ供給されます。また「売買参加者」は、仕入れた商品を消費者へダイレクトに供給しています。
買出人
中央卸売市場において、卸売業者から買い入れる資格を持たず、仲卸業者から買い入れることで水産物を取り扱う小売商(量販店含む)・飲食業者・加工業者・地方卸売市場業者・大口消費者(病院・学校・職場の給食業者等)などです。
札幌市中央卸売市場には、道央圏だけではなく、遠く旭川・帯広などからも「買出人」が訪れています。