丸水札幌中央水産株式会社

INSTAGRAMFacebookTwitterサイトマップ アクセス 
採用関連

Behavior standard行動基準

ホーム > CSR

社会における企業の存在価値と社会貢献が強く問い直される今日にあって、
企業コンプライアンス(法令遵守)の重要性は、ますます高まっています。
当社は、「丸水グループ行動基準」として
すべての役職員が一体となって取り組む「12の約束」を定め、
毎日の業務を通じて実践しています。

丸水グループコンプライアンス導入目的

企業は経営活動を通じて社会貢献に資するという大きな使命と責任を担っており、
法人格の企業及びこれを構成する全ての役員及び社員等は法令を誠実に遵守し、
適法かつ透明な業務運営にあたることが求められています。
丸水グループは「コンプライアンス体制」を確立し、全員の遵法意識を高め、
「遵法精神強固な丸水グループ」を構築するため 取組み姿勢の明確化と法令遵守企業の宣言・企業イメージの向上 法令遵守のもとに信頼を得られる仕組みづくり の2点を実践課題に掲げ取り組むこととし、下記のとおり「丸水グループ行動基準」を策定しました。

丸水グループ行動基準

この行動基準は、丸水グループの役員及び社員一人一人が企業としての事業活動を行うに当たり遵守すべき事項を、さらに具体的に細分化して策定したものです。

  • 1

    企業理念

    私たちは、農林水産大臣から許可を受け札幌市中央卸売市場の卸売業者として水産物の安定供給を長年にわたり営んでおります。私たちは生鮮食料品を供給する流通システムの一員として基幹的役割を果たすと同時に、食文化を創造し社会に貢献することが使命・社会的責任であると考えています。

  • 2

    法令・企業倫理の遵守

    私たちの職場は農林水産大臣より許可を得ている公共性の高い職場です。全ての業務において法令を遵守するとともに、会社が定めた諸規定に則り日々業務に努めます。

  • 3

    公正かつ適切な取引

    私たちは、取引先に対して公正で自由な競争に基づき、商品を適正な価格で、安定した供給をする事が最大の使命であると考えます。

  • 4

    情報管理・守秘義務

    私たちは、業務上知り得た社内及び顧客、取引先、関係先の情報を厳正に管理し、漏洩や不正使用を行いません。
    業務上知り得た情報、情報機器、文書等の管理の重要性を認識し、厳重な管理を行います。

  • 5

    知的財産の尊重

    私たちは、他社、他人の知的財産を尊重し、権利を侵害しません。

  • 6

    会社資産の保護・維持

    私たちは、会社の資産を大切に扱い、害するような行為は行いません。

  • 7

    人権の尊重

    私たちは、基本的人権を尊重し、いかなる差別や嫌がらせも行いません。

  • 8

    社会的な良識的行動

    私たちは、取引先と健全な関係を維持し、社会常識を超える贈答・接待等を行わず、良識ある行動をとります。

  • 9

    反社会的勢力との関係断絶

    私たちは、反社会的勢力とは関わりを持たず、その脅威には屈しません。

  • 10

    良い職場環境

    私たちは、労働法令や社内規定を遵守し、健全で健康的に働くことができる職場環境をつくり、風通しの良い企業風土の確立に努めます。

  • 11

    環境問題

    私たちは、環境問題に積極的に取り組みます。

  • 12

    役員の率先垂範

    私たち役員は、この行動規範を自ら率先垂範し、社内への周知徹底とその精神の実現に努めます。

丸水グループ・コンプライアンスの役職員への浸透と責務

役職員の遵法意識を高めるため、全員を対象にコンプライアンスに関する教育・研修を計画的に実施します。
なお、役職員がこの行動規範に反した行為を行った場合は、就業規則の懲戒事由に照らし、該当と判断されたときは、懲戒処分の対象となります。
組織と個人の行動を社会の倫理観に照らし、常に検証することが、私たちの責務です。