丸水札幌中央水産株式会社

INSTAGRAMFacebookTwitterサイトマップ アクセス 
採用関連

Business division introduction事業部紹介

ホーム > 会社概要

「私たちが、マルスイです!」– 各部の強み –

事業部連絡先
  • 鮮魚一部「スピードと信頼で鮮魚を集荷!流通の源を守る誇りを胸に」
    鮮魚一部は「近海」と「大口」の2つのチームで構成されています。
    近海チームは鮭や魚卵、たこなどを扱い、大口チームはスーパーなどに並ぶ数量の多いイカやカレイなどの魚を扱います。私たちが鮮度のいい安全・安心な魚をスピーディに集荷することは、その先に続く流通の源を守ること。だから毎日真剣勝負です。
    一人ひとりが培ってきた信頼と経験で鮮度のいい魚を集め、安全・安心な魚を安定供給することを使命に、「丸水ならでは」と言われる仕事を目指しています。
    鮮魚一部
  • 鮮魚二部「人との絆を大切に、産地と販売店をつなぐ」
    鮮魚二部は「高級」「鮪」の2つのチームで構成されています。高級チームは、寿司店のネタケースに並ぶような、うにや平目、鯛、アワビなどを扱います。強みは漁師さんや産地との信頼関係がとても深いこと。一人ひとりのメンバーが産地と密接に関わり人間関係を築きながら魚を仕入れています。売り方も時代とともに変わっていきます。例えば最近では魚をカットしてから卸してほしいというニーズもあり、グループネットワークでの実現を検討しています。産地と販売店をつなぐコーディネーターとして、丸水だから出来ることを追求し続けます。
    鮮魚二部
  • 冷凍部「技術とノウハウで守り保つ、需要と供給のバランス」
    冷凍部は年間200億円前後におよぶ水産物の取引を行っています。取扱が多いのは、鮭やホッケ、カニ、エビ、魚卵といった北海道を代表する魚介類ですが、世界各国からも魚を仕入れ、必要な量を適正な価格で食卓に供給できるよう21名のメンバーが世界中を飛び回っています。漁獲量の減少などに伴い価格の変動も激しくなっていますが、お客様のニーズに応えるべく鮮度と味を損なうことのない優れた冷凍技術と世界各国とのネットワークで水産物の需要と供給のバランスを守り続けます。
    冷凍部
  • 製品部「消費者ニーズと加工技術をつなぎ、愛される商品づくりを」
    メーカーさんが作った商品を仕入れ、量販店やスーパーなどに販売する事が基本の業務ですが、近年はメーカーさんの良きパートナーとなりヒット商品を生み出すことに力を注いでいます。私たちは原料やバイヤーさんのニーズなど豊富な情報を持ち、メーカーさんには優れた加工ノウハウがある。この2つをつなぎ、消費者に長く愛される商品を生み出していくことが私たちの使命です。メーカーさんとともに歩み、成長していく部署だと思っています。
    製品部
  • 企画部「発想と提案で北海道の魚の価値を全国へ」
    私たちの部署の使命は、北海道産の魚の価値を広めることと、「魚のあるところにマルスイあり」と言われること。お取引先は量販店やコンビニ、飲食店やホテルなど多岐に渡ります。例えばコンビニのおにぎりやお弁当にも鮭や魚卵が入っていますし、道外のホテルの食事にもたくさんの魚が使われます。水産物の販路は無限です。今は道外の有名ホテルで開催される北海道フェアに道産品を提案し商品を卸す仕事などもしています。道産の水産物の魅力を全国に伝えるメッセンジャーとして挑戦し続けます。
    企画部
  • 東京営業部「消費の最前線で道産水産物の販路拡大」
    東京では、8名のスタッフが道産の魚の魅力を伝え販路を開拓しています。取引先は、関東や関西のTVショッピング運営会社や大手量販店、都内の飲食店など良いもの、売れるものを知り尽くした方たち。商品情報を集め、企画を考え、最終顧客を見据えて、消費の最前線を走る方たちとの直接取引をこれからも拡大し、北海道の水産物を全国へと発信していきます。最近では輸出の仕事も増えています。全国、世界の動向をいち早くつかみ、道産水産品の販路拡大に貢献していきます。
    東京営業部

– 事業部連絡先 –

組織図