丸水札幌中央水産株式会社

INSTAGRAMFacebookTwitterサイトマップ アクセス 
採用関連

President Greetingsごあいさつ

ホーム > 会社概要

生産者と消費者の橋渡し役として

考え抜き、行動し、挑戦を続けてまいります。

武藤修社長
いつもの美味しさを、ずっと守り続けるために。
新しい食のあり方を、提案し続けるために。
挑戦と革新を続けます。
丸水札幌中央水産株式会社は昭和35年(1960年)3月、札幌市中央卸売市場開業に合わせて設立され、以後半世紀にわたり北海道民、札幌市民の台所として生鮮水産物を中心とした食料品の安定供給に努めてまいりました。

私は設立50周年の節目にあたる2010年に第6代目の社長として就任いたしました。
北海道はご承知のとおり漁業王国であります。安全・安心、しかも美味しい海の恵みに溢れた地域です。私たちはこの豊かな恵みを生産者の皆様と協力して全国にお届けするという設立以来一貫した使命を誇りに働いてまいりました。しかしながら人口の減少、市場外流通の拡大や少子高齢化に伴う消費量の減少にともない、市場の担う役割も年々縮小してきているのが実状であります。また漁業の現場でも高齢化が進み、産業としての衰退にも歯止めがかからない状況が続いています。

私たちは卸売業者として生産者と消費者の皆様の橋渡しをさせていただいているわけですがこの両方のニーズを満たすことが今後の成長につながるものと考えております。
生産者の方にはより付加価値の高い商品の提案をさせていただき安心して出荷していただく、また消費者の皆様には安全・安心な商品をより手頃な価格で提供する、これができなければ当社の存在価値はありません。

そのために、マーケットを分析し、市場を拡大し、将来のための食育についても積極的に取り組む。
しっかり考え抜き、行動し、失敗したら反省してまた挑戦する、全社員が溌剌として取り組んでいる、そんな会社にしたいと思っています。

これからも皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

代表取締役社長武藤 修