丸水札幌中央水産株式会社

INSTAGRAMFacebookTwitterサイトマップ アクセス 
採用関連

マルスイ・イズム〜マルスイがご提供する価値〜

ホーム > 事業概要

「いつも」を守る。
 「これから」を創る。
  プロのリレーでつなぐ、海と食卓。

世界に誇る豊かな北の海から
皆様の毎日の食卓にいつも変わらず海の恵みを届けること。

時代の変化や新たな食のニーズを見据え
日本のみならず世界にも目を向け挑戦を続けていくこと。

私たちは、海と食卓をつなぐプロフェッショナル集団として
生産者と消費者の皆様双方の満足を追求し続けます。

市場を支え続ける誇りを胸に、札幌、北海道の暮らしを見つめ、
公正な取引と円滑な流通を提供し続けます。

中央卸売市場に欠かせない公正な
商品の取引と円滑な流通を行っています。
札幌市が開設者となって運営されてきた札幌市中央卸売市場の水産部門は、昭和35年(1960年)から業務を開始し、同時に丸水札幌中央水産の歴史もここから始まりました。市場の役割は、消費者の豊かで健康的な食生活を維持するために、多種多様な生鮮食品を一ヶ所に集め、短期間に多くの買い手との間で公正な価格を決定し、受け渡しから代金の支払いまでを迅速に行うことにあります。札幌圏内に暮らす人々にとって、水産物の供給は欠かせないものであり、その公正な商品の取引と円滑な流通は北の暮らしを支える基盤になっているのです。 札幌、北海道の暮らしを
おいしさと安心で支えています。
丸水札幌中央水産は、札幌市中央卸売市場の卸売業者(集荷代行機関)として、産地の出荷者や商社から水産物を最初に受け入れる会社です。農林水産大臣の許可を受けた荷受業者として水産物の安定供給を長年にわたり担ってきました。特に、生産魚介類は「委託」という方法で荷受けし、冷凍その他の塩干物は主に「買付」の形で集荷・販売しています。私たちは北海道の港に水揚げされた生鮮魚介類はもとより、日本全国・世界各国の産地より集荷された水産物を、適正な価格で円滑に流通が維持されるよう日夜努めています。